歯科医院向け デジタルレントゲンの違い

CRとの違い

デジタル化にも2つの方式

CRシステム方式

DRシステム方式の NAOMI

CR(コンピューテッドラジオグラフィ)システムとは、画像を焼き付けるIP(イメージングプレート)を使います。
IPカセッテをセットし、X線を照射。
その後IPカセッテを取り出して、画像読取機を使って画像を読み込んで…
このような面倒な手順が必要なため、撮影の準備から画像を表示するまでにはどうしても数分かかってしまいます。
※ 撮から表示までに時間がかかる
※ ホコリ・影なども読み取ってしまう
DR(デジタルラジオグラフィ)システムのNAOMIは、X線をCCDでそのままデジタルデータに変換し、直接モニターに表示する「フルデジタル」のレントゲンシステム。
デジタルならではのメリットを100%活かしきることのできるシステムです。
CRのような面倒な手順は不要。
撮影後すぐにPCモニターに表示。
X線照射機から診断まで要する時間CRのような面倒な手順は不要。撮影後すぐにPCモニターに表示